top of page
  • 執筆者の写真Kawahara yuki

脱力の練習〜其の壱

更新日:2023年6月7日

その1 自分の体の状態を知る



意識を体に向け、頭から足の指先までスキャンするように見てみましょう。

普段気づかなかった、肩のこり、右腕の違和感、股関節の傾き、片方の足のむくみ、なんとなくこの部分が重い、など感じると思います。


もうこの時点で、実は、半分治ったようなもんです。

正しい位置や状態に戻そうと無意識にやっているからです。


肩が凝っていたら肩が上に上がっていると思いますので少し下げて、血液が流れじわっとゆるむのを感じてください。ゆるんだら、ハァとつかえてた息がでると思います。足のむくみはさすってしまうのが手っ取り早いですが、さすれない場所は柔らかい状態を思い出し軽くなっていくイメージをします。なんでむくんでいるのだろう、肩が凝っているのは何で?と原因を考えるのも良いです。体の使い方の癖がわかり対処できるからです。

慣れたら今度は違う方向から、また自分の体をスキャンするように順番に見てみてください。そうすると、先ほどとは違う箇所の違和感を感じるでしょう。

これが脱力の練習に繋がりますし、健康になります。

演奏や練習に生かす方法はレッスンでお伝えしますね。 名古屋市千種区のピアノ教室 Coco Piano Hoshigaokaでは、子供・大人趣味のコース生徒を募集しています。体験レッスンございますので お気軽にお問合せください。






Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page