top of page
  • 執筆者の写真Kawahara yuki

子供の頃の習い事

更新日:2023年6月8日

ピアノ以外で私が子供の頃に習った習い事ですが、

英語と茶道です。

そして、大人になってからは古武術とテニスを少々です。


英語は35年以上前、、と書くと悲しくなってきましたが、

当時日本に在住していたイギリスの紳士に教わりました。

彼はティッシュを使いません。全部、ハンカチです。

そう、ハンカチで鼻をかむ、咳をする時はハンカチで口を押さえるという感じです。

汚さがなく、全部おしゃれでした。紳士は何をしてもカッコイイです。 今もその印象は変わりません。


茶道は小学生の時に、畳の歩き方、障子の開閉の仕方、座布団の座り方、どれも?って感じで馴染めませんでしたが知らないと恥をかくと思い覚えました。

今でも畳があるお家にお邪魔した時は習っといて良かったと思います。


子供の時は学校が終わってから習い事に行きますが、手と顔を洗い綺麗な靴下・服にお着替えをして、先生宅に着いたら門で気持ちを切り替え、親子が揃ってからチャイムを押し

玄関では入り船で靴を脱ぐ、かがむ時は相手にお尻を向けない。

目を見て挨拶をする等、沢山やらされました。

大変でしたが一つずつ覚えました。


子供の頃の習い事は単に習うだけではなく、お互いに気持ち良く接する為のマナーが身に付くと思います。社会に出てからも大いに役立ちます。


是非、当ピアノ教室に入る時も階段で気持ちを切り替えてから笑顔でお入り下さい。

私も嬉しいです。



閲覧数:41回
bottom of page